”世界の重要な謎”のネタバレ「ルツィエル・フェエル」と「ウラディエナ・ダルク」について【かんぱにガールズ】

スポンサーリンク

ルツィエルのエピソードは1部、2部のメインストーリーのかなりのネタバレになるので、独立した記事にして紹介する事にしました。ルツィエルのストーリーはモニクの運命に深い影響があります。

ルツィエルの正体とウラディエナの秘密

ルツィエル・フェレルとは異世界エルドラドの魔卿を古から治める女王です。
強大な魔力を有しており、異世界エルドラドの創世神エルスを滅ぼしてしまうほどです。

ローズ、ユディタ、ホリー、サイミと戦ったとき、傷を負ったのは、エイリアスと呼ばれる実態のない分身だったことが原因のようです。

ルツィエルの目的

ルツィエルは「自らの子を世界から見出す事」と「自らに最適化された新たな世界を作り出す事」のために『無限終極(アンフィニエンド)』を目指す旅を始めました。

この『無限終極(アンフィニエンド)』とは、隣接次元をも巻き込んで世界を無限に分解し尽くし、その終局状態から新たに世界の再定義を始めることになります。
つまり現在のミステリオを始めとする世界が滅ぶことになります。

※ルツィエルのキャラストより

”愛”という未知との遭遇

ルツィエルは自らの子を探すべく、様々な世界を旅し、悠久の時を経て、そしてついに候補として相応しい者をエルドラドの果てで見つけ出しました。

ルツィエルに選ばれし者はルツィエル同様に強く、賢く、そして孤独でした。

だからこそルツィエルは異卿の地において、彼がどれほど強大になっていくのかを観察することにしました。

選ばれし者は、ルツィエルが知らなかったものを、ミステリオで知るに至りました。

様々な生命が「愛」と名づけたそれは、ルツィエルの中には存在しない概念でした。

そしてそれはルツィエルが本能で否定し続けていたもの。

どこから自分が生まれたものかも分からない….自分を受け継ぐ命も育めない。

※ルツィエルのキャラストより

選ばれしものはモニクの父であり、公国公爵であるヴラドです。
エルドラドでルツィエルに見つけられたヴラドは魔族であり、異世界ミステリオにおいてどれほど強大な存在になるのかを観察するつもりだった。

しかしヴラドは、人であるブリュエットと出会い恋に落ち、ルッツィエルの知らない愛を知ってしまった。

ふたりのルツィエル

全能たるルツィエルに唯一欠けていたもの…

それを選ばれし者は育んだのです。

この出来事はルツィエルに大きな変化をもたらしました。

ルツィエルは、その者が進む道を矯正しようと、その者から一方的に愛を奪うことを考えましたが、一方でルツィエルの内には、愛の何たるかを知りたいと思う純粋な好奇心も生まれていたのです。

愛を知ろうとする自らを、ルツィエルは唾棄すべき存在であると決定づけました。

そのような側面が自らの内にあっては、愛を知った選ばれし者から、愛を奪うことができず、ゆえにルツィエルは自らの内から、愛を知りたいと願うルツィエルを切り離したのです。

※ルツィエルのキャラストより

このエピソードは、ルツィエルがヴラドから愛を奪うために、ヘイロンをミステリオに送り込みます。
ヘイロンはヴラドを狙いますが、最終的にヴラドの妻ブリュエットを殺害して目的を果たします。

切り離されたルツィエルが、会社に履歴書を送ったルツィエルでした。

ルツィエルの正反対な印象の謎

”愛を知りたいと思うルツィエル(銀髪)”と”愛を否定し続けるルツィエル(黒髪)”という分かれ方になっており、女神のような印象と残忍な印象は、彼女自身が2つに分かれていたためでした。

ルツィエル(銀髪)は愛を知った後は、ルツィエルと再びひとつに戻りたいと考えています。
そうすることで黒髪ルツィエルに愛を知ってもらえることができると考えています。

円卓騎士1位ウラディエナ・ダルクとしてのルツィエル

ルツィエルは、創世神エルスを滅ぼした後にミステリオに現れています。

その目的はエルドラドの果てで見つけた選ばれし者(公爵ヴラド)が異卿の地(ミステリオ)の地において、どれほど強力な存在になるかを観察するためです。

ルツィエルは、ヴラドの建国したレマルギア公国の円卓騎士1位にウラディエナ・ダルクという名前で就任するものの、基本的には姿を見せることはなく、そのため円卓の騎士の中でもウラディエナの存在を知るものはほとんどいませんでした。

ウラディエナの登場

第二部 第10章 Quest2において円卓騎士1位として初登場。
絶大な力を有する魔法師として、クオリア王に対しても高圧的な態度で臨み、戦時中の相手に対して改めて宣戦布告するなど、公国側には和平に向けて歩み寄る意思がない事を伝えた。

レマルギア公国でモニクと対峙したウラディエナは、みずからの紹介を円卓騎士1位であり、公爵の秘儀顧問を担当しているウラディエナ・ダルクと名乗りました。

秘儀顧問とは、このミステリオに収まらない、神秘的事象について助言を与える者です。
ウラディエナは公爵が旗揚げより、密かに多くの助言を与え、彼の覇道を支えてきた者であったということです。

ヴラド公爵と公国の歴史

妻を殺害したヘイロンの背後に潜む何者かがいるということを調べているうちに、ヘイロンがルツィエルによってミステリオに転移させられていることがわかります。

そして、その復讐相手の黒幕ルツィエルは無限終極と呼ばれる隣接次元をも巻き込んで世界を無限に分解し尽くし、新たに世界の再定義を始める計画を為そうとしていることを知ってしまうのでした。

妻が愛したミステリオの世界を守るために、ヴラド公爵はどんな犠牲を払っても、ルツィエル・フェエルが為そうとしていることを止めなければならないと考えています。

ミステリオの統一

ヘイロンやルツィエルに対する復讐を果たすために、ヴラドはミステリオを統一し、ルツィエルに対抗するための力を手にいれるため、世界をひとつにしようとします。

そのため、まずは腐敗した貴族だらけのレマルギア大陸を統一することから始めました。
世界の危機を救うためにミステリオをひとつにする事に同調したローズやジークリット、エルミらの力を借りてヴラド公爵はレマルギア公国を建国を果たします。

その後、ローズは王国に対してミステリオに迫る危機を明らかにしたうえで、王国との連携を望みましたが、ノイバウテンの策略により、公国と王国は戦争状態に突入してしまいます。

魔族であった事もあり、人と分かり合う事が難しく、世界をひとつにする時間が足りないヴラドは、戦争による力の支配で世界をひとつにしようとします。

ローズの旅の真意

ヴラド公爵がレマルギア公国を建国して得た力を戦争に利用することに疑問を感じたローズは、自分のやり方でヴラド様を手助けし、一方でヴラド公爵の行いを止めたいと考えて、そのために円卓騎士を脱退し、公国を出奔したということだった。

またヴラドの娘であるモニクがいつか魔族の力が覚醒したときに、必要となる剣を探す目的もありました。ローズは聖剣を探すための旅に出たと知ったローズをモニクが追いかけてきますが、モニクが追いかけてくる事も織り込み済みであり、旅を通じてモニクを育て、導くつもりだったようです。

ヴラドとルツィエルの互いを利用する関係

強大すぎるルツィエルに対抗するための力を手に入れ、世界を守るために、ヴラドは使えるものはなんでも使います。

ヴラド自身をルツィエルが観察対象にしていることすら最大限に利用し、ルツィエルを公爵の秘儀顧問とし、このミステリオに収まらない、神秘的事象について助言を得ていました。

そして最後には、ヴラドがルツィエルの存在を超越し、ルツィエルの無限終極を阻止しようと考えています。

当然、ルツィエルはヴラドの考えを知っていますが、そのことも観察の中に含めています。

「自らの子を世界から見い出し、観察する事」と「自らに最適化された新たな世界を作り出す事」のためというのはどちらも大切な目的なので、ルツィエルはヴラドがやろうとしている事に対し、協力を惜しまない関係になっています。

他キャラとの関連ストーリーからわかること

メインストーリー

ルツィエルはモニクを存在しえない”闇の申し子”という発言をし、魔族として覚醒すらしていないモニクを最初は消し去ろうとします。

覚醒後は、ヴラド、ヘイロンに続く第三の選択肢として、ヴラドとともに静観されることになります。選択しってルツィエルの子供候補という意味なのかもしれない。

またルツィエルは、ルカを見たとき、モニク以上に危険視し、ルカの存在にとても驚きます。ルツィエルから見た、想定外の危険因子は、ルカ>モニク>社長 みたいな感じかも・・?

クロムウェル研究所

エルス神を滅したルツィエルは、「自らの子を世界から見出す事」「自らに最適化された新たな世界を作り出す事」のために無限終極(アンフィニエンド)を達成しようとしており、これに阻止する存在のひとつに公国のクロムウェル研究所の魔術師たちがいます。

無限終極が達成されると、すべての時間と並行世界が収束し、ミステリオを含む隣接次元のすべては最後には失われてしまうということです。

そのクロムウェル研究所の研究者の一人魔術師サーガ・ノルドグレンは眠ることで時間を旅し、様々な未来を観測する中で、転移者エイダ・クロムウェル博士の出現以降は、無限終極を達成しようとするルツィエルらと最後まで戦う存在としてモニク達が現れたと話しています。

まだモニク達が勝利する未来はないようですが、そのためのカギとなるのが傭兵会社の社長であるように考えているようです。(サーガ・ノルドグレンキャラストより)

粛清者サイミ

ウラディエナを襲った魔卿の粛清者

粛清者として魔族の王を追い続けてきたサイミが公国の円卓の騎士1位ウラディエナを襲撃したという記録がありますが、これは魔卿の女王としてのルツィエルを狙ったものでした。

神をも滅するルツィエルには、粛清者サイミも歯が立たず敗れて、記憶を混濁させられていて、このときサイミが何故殺されず生かされたのかは謎のままです。

ルツィエルを滅ぼそうとした魔卿の黒幕は?

想像になりますが、サイミの襲撃は魔卿からの意思の発現、愛を伝えるためのメッセージだったと考え、今後の様子を観察するために命を奪わなかった可能性も感じられます。

ヴェルグは、EP1にてルツィエルに向けて次の言葉を伝えていました。

 ヴェルグの言葉より

ルツィエル…あなたは、あなた自身が作り上げた魔卿から去り、多くの次元に危機をもたらそうとしている…

その危機を前に、全てが明るみになっていないにも関わらず、人々は自らの大切なものを守ろうとしています。

つまり魔卿の人々は自ら立っている神去りし大地を、自らの手で守ることを決意したのです。

それは女王の意思よりも自らを優先する自我の発言であり…他者を守る事にも繋がる愛の形でもあります。

愛を知ろうとしながらに、愛を知りえなかったあなたの行いは、人々に愛について考える機会を与えたのです。

あなたに仕えていた我々…魔卿の八柱も、魔卿の地を守ります。そのために動きます。あなたが作り上げたこの世界を、自分達が愛しているのだと分かったからには!

ルツィエル….我々の為す愛のかたちから、何かを感じ取っていただけるといいのですが..!

…我々にできたのですから、あなたとて愛を知り得るはずなのです…!

エルスの”かけら”について

創世神エルスは、今から20年前にルツィエルに倒される直前に自分を”かけら”にして魔卿と精霊卿に送ることに成功しました。

魔卿に逃れたエルスの欠片 激情を司る化身『バルバラ』

魔卿に逃れた”かけら”のひとつは、激情を司る化身『バルバラ』となって、シビルの人格として宿っています。

闇十字教会 怒りを体現する『エルスの闇十字』

イーヴァの持つ怒りを司る神具「エルスの闇十字」はエルスの”かけら”のひとつです。

精霊卿に逃れた『妖精ルカ』

精霊卿に逃れて、現在ミステリオに来ていると言われるエルスの”かけら”は、妖精ルカです。

ルツィエルの分離体と考えられるパティと出会ったときに、初対面なのにお互いが感じた強い嫌悪感と自分が消されるのではないかと不安を感じていました。

ただ妖精ルカには、自分がエルスの欠片である自覚は、まったくなく、精霊卿で生まれた最初の妖精くらいにしか思っていません。

無限終極の暴走を食い止める未来のひとつ

強烈なネタバレなので注意です。(ローズEP3より)

モニクや社長がルツィエルと対峙しないルート

ローズが赫聖剣オルディネイトを覚醒させる儀式の中で、剣との対話の中で見せられたのは、ローズがオルディネイトを使わなかった場合の未来世界のひとつでした。

無限終局は最初に意思ある生命を収束させ、その後物質を収束させる現象ですが、生命の収束にあたって、その理から外れるものが現れます。

竜の魂を持つジークリット

死神の力と中途半端に同化したカミュ

アンドロイドのリィン

ルツィエルから切り離されたルツィエル

ウラディエナの無限終局によって、ミステリオと隣接次元のすべては収束されますが、この者たちの存在のおかげで、ぎりぎりのところで完遂を防ぐことはできたのです。

でも彼女たち以外の人類は滅んだ世界。

ローズがオルディネイトを携え、現れたことで、既に死した世界となってもウラディエナから世界を守るために、生き残った彼女たちは、命がけでローズをウラディエナ(ルツィエル)のもとにたどり着かせます。

ローズは、みんなの想いを受け止めて、フルパワーでの赫聖剣オルディネイトで次元を切り裂き、ウラディエナを世界から断ち、世界を守ります。

赫聖剣オルディネイトの本当の役割と力を知って、ローズは元の世界にもどりました。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る