クロバラノワルキューレ プレイしたので評価 ちょっと色々詰め込みすぎちゃった感じがしますが、新しい分野に大きく進歩していました。




8~11月にかけて面白そうなゲームがたくさん出るため、どれにしようか迷っていたのですが、株式会社コンパイルハートのゲームだったので購入してみました。

コンパイルハートのゲームはRPGの分野では、アニメ・美少女ゲームが多く「新次元ゲイム ネプテューヌ」「フェアリーフェンサーエフ」「オメガクインテッド」などPS4では、まともなRPGゲームがない中頑張って作ってくれてるソフトメーカーです。

51AuL98OLOL61ix-DzijBL

61jchmlxm8L._SY300_QL70_

コンパイルハートのソフトの特徴

この会社の特徴は、タイトルは変わっても中のゲームシステムはびっくりするほど同じであり、操作性の良い部分を改悪せず、叩かれても貫き通すところにあります。

何より素晴らしいの戦闘シーンのカットで、様々な分岐シナリオやマルチエンディングを見るために集会プレイする際に、面倒な敵とのバトルが一瞬で終わるとおろが最高でした。

繰り返し遊ぶ上で、こういったユーザーへの配慮が本当に嬉しかった

クロバラノワルキューレの評価について

過去の作品が面倒くさいところがなく、ストーリーやキャラクターを楽しむ要素があったため、今回最大のウリである仲間の誰かが裏切るが、プレイの度に変化するので誰だかがわからない!というシステムに思えました。

攻略が分岐するうえで、自分で選択できないドキドキ感があるなら面白そうだ。
手軽でサクサクできるゲームだと思って買ったのが購入の動機でした。

クロバラノワルキューレの特徴

キャラクターデザインなどは今までの美少女系から脱しており、ゲームとしてのシステムを面白くしようと努力した形跡がありました。しかし色々取り入れすぎて複雑になりすぎて機能しないシステムが多くなっちゃった印象を受けました。

ゲームとしては、大きな進化を遂げたのはグラフィックです。
従来のRPGと比べて、格段に良くなっているのが伝わります。

556c4ac5b84dfe2fc302c6606f0a936e-1 6c621899bcfb822843e72f7c252a611b

戦闘システムについて

攻撃コマンドのセッティングは、ちょっと大変

攻撃コマンドとして最初3~4種類セットする必要があり、それぞれに発動させる攻撃を設定させるのですが、時間が結構かかります。
最初から仲間が全員揃っているのもあって8人分セットするのは大変でしたし、レベルがあがり次々新しい技を覚えていくため、何度もやり直すことになりました。

一括でセットできるシステムがあっても良かったかもしれませんね。

テンポが悪い戦闘

コンパイルハートは、戦闘のカットが最大のウリでしたが、今回からちょっとテンポ悪くなってしまいました。一部の攻撃はカットできますが、入力したい追加攻撃の受付までカットされるので、やむを得ず戦闘シーンを見る事になります。

また仕様上オーバーキルになることが多く、死んでいる敵をかなり長く何度も、いつまでも殴り続けるシーンを見せられる事に戦闘が無駄に長いのも気になります。

感想

シナリオは楽しかったし、キャラクターは非常に魅力的で好感を持てました。
ゲームのデザイン、グラフィックの向上など素晴らしい点も多いのですが、プレイヤーにとって大事なバトルシステムは残念な点が目立ちました。今までのシステムが良かっただけに、本当に残念です。

このゲームの斬新さは仲間の誰かが裏切り、ストーリーが分岐するというシナリオの設定が良くできており、、プレイするたびに裏切者が変わり、それは誰なのか事前にはわからないというのが新しい。

ゲーム内容的には今までのキャラ萌え系から脱してしまったコンパイルハートでしたが、この手のストーリー重視のゲームがあっても悪くないと思いました。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る