テイルズオブベルセリア クリア後の感想 テイルズ史上最高傑作かも!?




50時間ちかくかかって、「テイルズオブベルセリア」をクリアしました。

最近は、忙しかったりしてゲームやっても最後までクリアできないものが多い中で、今回はどはまりして最後まできちんとクリアしました。

本当に久しぶりです。

アニメシーン

正直、あまり期待してなかった分、想像を超えて面白かったので会話シーンなど声優さんが声が当ててる部分は飛ばさずきちんと聞きましたし、できるだけ初回でシーンの回収をやったと思います。

セリフを聞かずに読み進めていれば、もっと早くクリアできたかもしれません。

今回、凄かったのはストーリーの内容、戦闘の迫力、会話シーンの面白さ、戦闘後の演出。

列挙しただけでもかなりの数です。

ストーリーの良さについて

ネタバレなしとしているので、あまり書けませんが、今回は悪魔のような手を持つ少女の復讐の話です。
PV見ていると敵は白を基調とした清廉潔白の方々のようで、どうしてもこっちが悪者に見えます。実際そーですし!

最近、小説でもダークストーリーものも増えてきたので、そのノリかなぁと思っていたのですが、見事な場所に落としましたね! 凄いですよ、本当に!

Tales-of-Berseria_2016_03-17-16_068

戦闘シーンの迫力

PS4版でプレイしたこともあり、戦闘シーンへのスムーズな入り方や魔法や攻撃エフェクトの美しさだけでなく、必殺技の画面切り替えなど、さすがと思わせる派手でカッコイイ演出に感激しましたね。

攻撃手段がありすぎて、選ぶの大変でしたけど・・そこは良いところのハズだし、

会話シーンの面白さ

ストーリーが進むと、脱線した感じで余計な会話が入るのが面白い。もちろん選択しないこともできます。キャラクターの性格や個性など自然な形で理解が深まるので本当に良いシステム、なにより会話がとても面白かった。

戦闘後の演出

取得経験値などの表示にとどまらず、数回に一度は戦闘メンバーの中でのコミカルな会話演出が良かった。戦闘後の楽しみがひとつ増えた感じでしたね

戦闘後

感想

プレイして良かった。率直な感想です。

ゲームにのめり込みダレルことなく最後まで、いっきに進めたゲームは本当に久しぶり、しかも50時間プレイしていたのにです。

ストーリーが進むにつれて変わっていくベルベット、そして重複しないそれぞれの思惑や狙いを持った仲間たちが共通の敵を認識し、生き方を曲げずに突き進んでいくストーリーが凄い。

戦闘もテンポが良く、音楽も悪くないし、演出が楽しいので何千回もした戦闘が苦痛に感じませんでした。

シリーズものでも最高傑作になるのではないでしょうか?

なかなかここまでの作品にお目にかかれませんが、今後のシリーズ作品にもとても期待しています。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る