公国レマルギアについて 【かんぱにガールズ】




公国レマルギア

公国の首都は城塞都市レマルギア。

3年前、領地を持つ貴族が割拠していた北のレマルギア大陸をレマルギア公爵が統一し建国した新興国。公国建国戦争では、公爵は寡兵ながら電撃戦で多勢の反公爵派貴族を下し、実権を握ったという。建国にはローズやジークリット、エルミらも協力しています。

現在は旧来の貴族の上に公爵直属の円卓騎士を置いた軍政を布いている。
形式上は王国クオリアに臣従する貴族の立場だったが外交官暗殺事件により決裂。
現在は戦争状態にある。中央国とは中立の関係だが、教国との関係はあまり良くない。

公国に属している名家

ワロキエ家(モニク)
ヴァリエ家(ローズ)
エンデ家(ジークリット)

軍事防衛

現在の公国の軍事の要に「円卓十三騎士」があります。

主な施設

怠惰の港 公国の貿易港。

円卓騎士シオン・セトが警備隊長

幽霊街オキュルト

公国最大のスラム街。ルイ・コクトーのねぐら。

ルイ・コクトー

他にはリッリやメルヴィ、ロヴィーサらローグの出身地になります。
ティアナが王国聖騎士団ヴィオレッタの部隊と戦闘になり、激戦の末に壊滅した場所

何故幽霊街になったのか・・・・?

現在確認中ですが、ノイバウテンが過去に『カリ・ユガ』を発動させたときに、闇十字教会ににより阻止され、その影響が街ひとつにとどまったという事件があります。ここの事かな・・?(闇十字キャンペーンより)

孤児院「向日葵の家」

クリスティン院長の孤児院。国営でなくなった結果、多額の負債を抱えていて、院の出身者の多くが傭兵稼業などに手を出し、社員として履歴書が届くことがある。
ショウ・フジヤマ社長も支援している。

クリスティン・フィー

純粋に聖職者である事に誇りと信念を持つ、治療魔法のスペシャリスト。
彼女自身も光の加護を受けている強運の持ち主。
歳若いが母性愛に溢れていて、孤児院の院長として孤児達の面倒をみている。
誰に対しても分け隔てなく接し、表裏が無い。

ノーマ・シーン

クリスティンの経営する孤児院「向日葵の家」で働くクレリック。クレリックとしては腕利きであるが、致命的に引っ込み思案。オドオドした消極的な性格が難である。手先が器用で、孤児院での仕事はなんでも標準以上にこなす為、クリスティンからは頼られている。趣味は読書。休日は魔法学校図書館に閉じこもって過ごすのが日課である。

クロムウェル研究所

公国の科学研究所

クロムウェル研究所はマナの研究を行っているとされています。
マナとは大気中に含まれる魔法の発動に必要な魔力物質であるエーテルが、発生と消滅を繰り返す際に生み出される純粋な魔力源を指します。

ルツィエルは、自らに最適化された新たな世界を作り出すために無限終極(アンフィニエンド)を達成しようとしており、無限終極が達成されると、すべての時間と並行世界が収束し、ミステリオを含む隣接次元のすべては最後には失われてしまうということです。

そしてこれに阻止する存在のひとつに公国のクロムウェル研究所の魔術師たちがいます。

クロムウェル研究所の研究者の一人魔術師サーガ・ノルドグレンは眠ることで時間を旅し、様々な未来を観測する中で、転移者であるDrエイダ・クロムウェルの出現により、モニクたちがルツィエルらと対峙する未来にまでたどり着けるようになっており、先のなかった未来に一筋の光が見えてきました。(サーガ・ノルドグレンキャラストより)

クロムウェル研究所の研究員たち

リド・クロムウェル

リドの詳細記事について:
【リド・クロムウェル】 やり直すことができるなら…助けて….!

その騎士は歳若くして「天才騎士」「未来の英雄」と謳われ、公国においてその将来を約束されていた。
だが、華々しく名を上げるはずだった初陣において、その名は上がる事無く地に落ちた。
再起不能の重傷を負い、語られる価値を失ったその名は、歴史の狭間に埋もれてしまう。
数年後―――機械のような義腕、義足とその延長のような甲冑に身を包んだ幽霊騎士の噂が巷を席巻する。

サーガ・ノルドグレン

時魔法士。生まれながらに強力な魔力を備えているが、自身の活動時間が極端に短いという致命的な欠陥を抱えている。サーガがクロムウェル研究所の扉を叩いたのは、その欠陥の克服を魔導機関に求めたからであろう。魔導機関はサーガの願いを叶えるには至らなかったが、研究者として迎え入れてくれた。そして、そこで発覚したのは、少女は世界でもほとんど類を見ない「時魔法」の適合者であるという事実であった。

アン=マリー・エク

魔法学校において歴代最年少で最高位に到達した魔術師。歳若い上に輪をかけて童顔。
魔法にかけては所謂天才で、知識、理論、魔力のすべてにおいて最高位の力を誇る。
性格は明るく奔放。生粋のトラブルメイカーでもあるが、本人はそれを楽しんでいる。
人懐っこく、誰とでもすぐに打ち解けられる。また、極度の寂しがり屋でもある。

リィン・リーンベル

クロムウェル研究所に仕えるメイド。実は、エイダ博士がセフィロートの遺跡から復元させたアンドロイドである。感情という機能は持ち合わせていないはずだが、どうやら「心」に相当する何かが宿っているらしい。
普段はクロムウェル研究所で家事や研究の手伝い等をしているが、研究所に危機が及ぶと兵器としての機能を露にする。エイダ博士ですら解明出来ない謎が潜んでいるため、公の場に出ることはほとんどない。

リータ・メアッツァ

クロムウェル研究所の押しかけ研究員兼ムードメーカー。身体の機械化に夢と憧れを抱いているがクロムウェル博士に「適性がない」と突っぱねられた。まだ機械化をするか否かの選択を出来る精神年齢ではないと判断した博士の優しさなのだが、本人はそんな粋な計らいを知る由もなく、半ば強引な流れで研究所に勤めることとなった。元気いっぱいでとってもポジティブ。たまに意地っ張りな面も。機械化した人への憧れが強いが「カッコイイから」「便利そうだから」といった何となくな理由であり、単純な性格でもある。

レマルギア公爵の秘密

レマルギア公爵は、モニクの父であるヴラド・ワロキエでした。
ヴラドは、妻のブリュエットを殺害したヘイロンとその黒幕に対して復讐するための力を手に入れるためにミステリオの力を手に入れようとしていました。

ローズ、ジーク、エルミがヴラドに力を貸したのは、ミステリオに迫る脅威に対抗するため、世界をひとつにまとめて、脅威に対抗するという狙いがあったからだということです。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る